ワタシの「好き」なもの


by hatimitu-hime
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ワタシの夢?

ふと思うこと。1年2年先のことはぼんやりと思い付くけど、30年40年先のことはどうも想像できないなぁ。昔は、あれやらたいこれやりたいってすぐに思いついたのに。最近いろんな本を読んで感じることは、過去がどんなであろうと、未来は自分で作り出して行けるんじゃないかなっていうこと。じゃ、その未来って何をどうしたいの?って考え始めたんだけど、意外にこれが難しいんだな。自分にはこれしかできない、この程度っていう身の丈をいい意味でも悪い意味知ってる年齢な分、考え方が狭くなってたのがわかる。ホントは身の丈なんて知ってなくて、出来なかったこと諦めたことを素直に認めたくなくて、自分には向いてないとか才能がないって言い訳してるのかも。そうじゃなくて、もっと自由に発想しなくちゃなぁ。
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-06-21 16:53

お酒とワタシ

昔、こんな話を聞いたことがある。
「若い頃は底なしにお酒が飲めたのに、ある日突然飲めなくなるよ」

大学時代に体育会の部活に所属してただけあって、かなり飲める口のワタシ。合コンに行っても、徹底的に「飲みキャラ」になり、おじさんおばさんにかわいがってもらってたのだ。
お酒が好きというよりは、お酒をみんなで飲むことが好きなワタシ、だから飲めなくなるなんてありえないなと、思ってた。

しかし・・・その日は突然やってきたのです。

昨日の飲酒量・・・缶ビール2本(350ミリ) 泡盛2杯  以上

なのに、フラフラになって帰る始末。化粧も落とさないで寝てしまうなんて、我ながらがっかり。
きっと、見かけは若くても、着々と体の中に疲労というサビがたくさんついてるんだろうなぁ。

全く飲めないってわけじゃないから、今後はゆっくりと楽しむ方法を覚えよう。
でもさ、「飲めそうで飲めないキャラ」ってのも、なんだかカワイイじゃん!!
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-06-20 14:56 | ワタシ×好きなもの

まっすぐ

b0061931_11461485.jpg

月曜だというのに、なんだかモヤモヤした気分だわ。ホントはこういうネガティブな言葉を使いたくないけど、自分の感情を自分で受け取らなくちゃ。原因は曇りのお天気と昨夜の母のプチ家出で寝不足だからかな。母は「わたしはメシ炊きばばぁじゃない」と急に騒ぎだし、夜中に家を飛び出した。娘としては、そういう思いを内に秘められて病気になられるよりマシだと思うし、両親がケンカするだけまだまだ元気だと思うけど、同じ女性として見たとき、こうはなりなくないなと感じる。結局話しを聞いていると「わたしは苦労してるのに、旦那は何もしてくれない」とか「他の夫婦はみんなこうなのに、なんで家だけ不幸なのか」みたいなことばっかりで、いつも母親自身がどうしたいのかが見えてこない。幸せになるには他人の力が必要だとも聞こえる。自分が幸せにならなくちゃ、他人をも幸せにできないと思うけどなぁ。誰かにやってもらうという期待を持つこと自体に、まず原因があると思う。家族といえども、結局はひとりひとりの人間なんだから、生き方考え方が違って当然。その中で、個人個人が幸せだと思うことも違うわけで、それぞ
れが幸せになるため突き進んだ結果、家族の全体の幸せになればスバらしいことってだけでしょ。これも、ワタシと母との間で意見の違うことだけど、それはそれでいいことだと思う。前のワタシなら、きっと母の意見に同調することで平穏に終わらせようって考えただろうけど、今の自分の考えを大切にすることが自分自身を認めることだと思うから、その現実を受け止め、ワタシの考えを大事に守っていこう。
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-06-13 11:46

あぁ、川の流れのように

このところ、ワタシの住んでいる街はお天気がよい。最近、天気がいいと無条件に機嫌がよくなるワタシは、よく歩いて出かけるようになった。今日も近所を歩きながら、ふと橋の下から川をのぞくと、数匹の小さな魚が泳いでいるのが見えた

へ~、こんな水の少ない川にも魚がいるんだぁ

と、その川を眺めながらゆっくりと歩いていたら、あることに気がついた。
川の流れに身を任せてそれはそれは勢いよくスイスイと泳いでいた魚が、時々、頭の方向をくるりと変えて川の流れに逆らいながらその場で体を一生懸命くねらせているのだ。

なんでそんな無駄な動きをするんだろうと思いながらしばらく様子を見ていると、あることに気がついた。流線型の体を左右に揺らしながら、小さいな水しぶきをあげる姿こそが、「魚本来の動き」だってことに!それはまるで、自らの「生きる力」を試しているようなストイックな意思の強さを持っているかのようだった。

流れに乗ること、身を任せることは、時として自分たちが本来持っているはずの「生きる力」を薄くしてしまうことなのかもしれない。

そう考えると、時々は流れに逆らい、もがいてもがいて・・・もがきまくることも「人間本来の野生の力」を呼び起こしてくれるんじゃないかな?
流れに身を任せることだけじゃなくて、頭を逆にして自分の「力」を試すことがワタシにも必要だわ。さしずめ、今のワタシが流れに逆らわなきゃいけないことは、彼氏いない歴を断ち切ることかな(>_<)
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-06-07 15:13 | ワタシ×好きなもの

きれいに歩く

こないだ、上大岡トメさんのサイトを見ていたら「オンナっぷりをあげよう」とういことで、美しく歩くということが特集してあった。

思い立ったら、即行動

ということで、本屋さんに行ってウォーキングの本を読んできた。
読みながらつま先で立ったり、腹式呼吸をしてみたり、体を横にしたりしゃがんだり・・だいぶあやしい。ホント、正しく立つって難しいわ。でも、自分の体の中に1本の木がす~と立ってるイメージで背筋を伸ばすと、ものすごく気分がよくなるのがわかった。お腹も心なしかスッキリしてるかも!?
そして、究極のおまじない「ワタシは美しい」を唱える。

↑これって大事だなぁと思うんだ。前に催眠療法に行って思ったんだけど、自分の頭で意識することって、無意識な部分にもちゃんと影響を与えてて、考えたことを声にすることで、どんなふうにでも自分をコントロールすることができる。思い込みでキレイになるっていうのは、あながち間違ってないんだな。

恥ずかしいし、バカらしいと思うかもしれないけど、1日1回自分で自分のことを褒めることぐらい、簡単でお金のかからない美容法はないと思うな。
ポジティブになれば、自然に背筋が伸びて目線も上に上がるもんね。
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-06-03 17:03 | ワタシ×好きなもの

クールビズ

今日から6月。衣替えの季節だ。。
そういえば、心なしか保育園に来る子どもたちも半そでが増えたかも。鼻水たらしてるのに。
で、世の中「クールビズ」とやら、カジュアルなノーネクタイの服装が奨励されるらしい。
デカデカと小池環境大臣の広告が載ってたっけ。
地球環境を考えてのことならおおいに結構だが・・・正直残念でならない。

なぜなら、ワタシはスーツ姿の男に弱いからだ。

結構多いと思うんだけどなぁ、スーツ好きな女性って。
かといって、誰でもいいってわけじゃなくて、ちょっと体格のいい体に細身の3つボタンのスーツなんてかっこいいじゃない!!(って、朝からコーフン気味でスイマセン)サッカーの宮本とかいい!あと、ドラマに出てる極楽の加藤浩次!!
しかも、ワイシャツの衿のところだけが白?になってて、その第一ボタンを外している様なんて~その首筋に、ドキドキするわけです。欲をいえば、ふちなしのメガネをお願いしたいくらい。

あ・・・でもね、意外とコカコーラの自販機でジュース取り替えてる人もかっこよくみえるんだよね。佐川急便のお兄さんとか。
これって、男がナースや客室乗務員のコスチュームが好きなのと同じなんだろうな。わかるよ、すごくわかる。
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-06-01 10:43 | ワタシ×好きなもの

b0061931_172556100.jpg


真っ白い光に当たって 映った 黒い影
本物よりも 淡く 濃く 確かな存在

待っているはずの アカルイミライに照らされた 「今」という時間
現実よりも はっきりと 薄く あいまいな期待

カタチを変える 影
変えるのは 私
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-05-30 17:24 | ワタシ×言葉×風景

バースデーナンバー

バースデーナンバー占い 誕生数秘学の智慧

今年の初め、ワタシはなんともいえないような「不安感」に包まれて生活していた。
それは、仕事への不安だったり、彼氏がいないことへの不満だったり、周りが結婚していく年齢にさしかかっててのあせりだったり・・・とにかく悶々として過ごしていた。

ちょうどブログを始めたのも、そんな時期だったかもしれない。

助けを求めるように、いろんな本を読んだり占いにも行ったりした。そこで出会ったのが、バースデーナンバーという不思議な数字だった。自分が生まれ持った「気の流れ」を知り、世の中の流れを知り、その流れに逆らうことなく生きていこうというものだとワタシは理解している。

今までを振り返ると、調子のいいときは何をしててもうまくいく、その逆もしかり。きっと、それは「運命」ってものなんじゃないかなぁと、自分の力ではどうしようもないことだと思っていたけど、最近はどんな出来事の成り行きも「自分の気持ちしだい」なんじゃないかと思うようになってきた。
どんなに嫌な出来事があっても、「これは物事が良くなるための前触れなんだ」と考えると、そうそう深刻にならずに済む。

今は、自分の置かれている状況をいつも「幸せ」だと思えるし、むしろこれからが楽しみだ。
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-05-25 15:15 | ワタシ×好きなもの

夜のサル

b0061931_11135573.jpg

走る 走る 走る
跳ぶ 跳ぶ 跳ぶ

ぐるぐるぐるぐる
急げ急げ急げ急げ

夜のサルは どこへ行く
逃げても そこには 夜がくる
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-05-25 11:19 | ワタシ×言葉×風景

こどもの手

ワタシはまだ結婚してないけど、仕事柄、毎日赤ちゃんを抱っこしている。
親の姿が見えなくなるときに振っている小さな手を見るとせつなくなるし、母親のもとへ戻ろうと必死に伸ばす手を見ていると「がんばれー」と応援したくなる。お友達におもちゃを取られれば、必死で叩くし。きっと、言葉が未熟なぶん、その小さな手で自分の感情を精一杯表わしてるんだね。鉛筆握らせたら天才だし!!ぐるぐるぐるぐる、いつまでも飽きずに絵を書くこともできる。
それに、なんだか知らないけどみんなおっぱい好きなんだよねぇ。一生懸命おっぱいを探そうとしてて、そのしぐさがまたすごくかわいい。大人になったら変態だけどね(-_-)

以前テレビで、人間の脳の中の働きを人の体で表わした時、手の動きが占める割合がとても大きくて驚いた。体の動きのなかで自分の意思でくねくね動くのは、確かに左右の10本の指と手かもしれない。もし手を拘束されたら、それはすごく不便だし、恐怖すら感じてしまう。

大人になればなるほど「手出しできない事」が多く、出したくても出せないガマンする状況が増える。欲しくても手を出したらいけない場面、腹が立っても手を出してはいけない状況・・・手を広げて抱きしめて欲しいのに素直になれない時。
そう考えると、迷い無く素直に手を広げるこどもを見ていると、すごくうらやましいな。
[PR]
# by hatimitu-hime | 2005-05-23 16:37 | ワタシ×こどもたち