ワタシの「好き」なもの


by hatimitu-hime
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ひとりっこの家族

家族が大好き!と思うときは?

ワタシはサンタクロースも幽霊も、愛の形も友情の絆も目には見えないけど、絶対「そこのあるもの」として信じて生きています。見えないからこそ確かめたくなるし、不安にもなるけれど、この「家族」って形がこの世で最初に出会う「見えないけど大切なもの」だと思う。タイトル通りワタシはひとりっこで、今でも両親と一緒に住んでいる。6年間だけ家を出たことがあって、その数年間は家族の形を再確認できた貴重な経験だった。いつでも連絡を取れるようにと覚えたケータイのメールはひらがなばっかりでまるで電報みたいだったし、季節だからと食べきれないほどの果物を送ってくれたり、手紙なんて書いたことのない父親がFAXをくれたり、親は親なりに、ワタシはワタシなりにお互いを思いやる気持ちが強まったと思う。これからワタシも家族を築いていくだろうけど、こんな家族になれたらいいなぁ。
[PR]
by hatimitu-hime | 2005-04-27 16:30